万歩計®の山佐(ヤマサ YAMASA)

お問い合わせ会社情報万歩計 Q&A製品紹介万歩計の山佐(ヤマサ YAMASA)のトップページへ

HOME > 万歩計®の歩み 

万歩計®の歩み


1965年の1号機から、これまで350種類以上の万歩計®を開発し、発売してきました。

1965年
(昭和40年)
【万歩計】万歩メーター消費財として日本初の“歩数計”
万歩計1号機「万歩メーター」を発売

※アナログ機械式で1目盛100歩。価格は2,200円。(当時の大学卒の初任給が2~3万円の時代なので決して安いものではなかった) 当時の運動不足の解消にウォーキングが見直され、「1日1万歩」運動などを推奨する団体が積極的に活動を進めるなど社会全体の流れにのってヒット商品になりました。
発売当時の報道記事や広告を読む
1984年
(昭和59年)
「万歩計」の登録商標取得
※当社は商品区分第9類指定商品の歩数計に商標登録第1728037号で 「万歩計」を所有しております。 よって当社に未許可で、当社製品以外の“歩数計”に 「万歩計」の名称はご使用できません。「万歩計」の一般用語は“歩数計”です。
1987年
(昭和62年)

【万歩計】 EM-200初の電子式のデジタル万歩計
「デジ・ウォーカーMINI EM-200」
を発売
※電子化により歩数以外に歩行距離や歩行時間、消費カロリー等の表示が可能になっていく。

1988年
(昭和63年)
【万歩計】 EC-500歩行した分の消費カロリー量を表示するデジタル万歩計
「マイ・カロリー EC-500」を発売

※カロリーに対する意識が人々に高まり、ヒット商品になりました。
1989年
(平成元年)
【万歩計】 AS-200デジタル万歩計 「アルネス200S AS-200」が厚生労働省が実施する国民健康・栄養調査“身体活動状況調査”指定製品として採用される
※現在もAS-200は基準機として使用されています。
1991年
(平成3年)
歩数計のJIS規格制定
※通商産業検査所からJIS制定原案作成委員に任命される。
1999年
(平成11年)
【万歩計】 平成の伊能忠敬 GK-500朝日新聞創刊120周年記念(平成の伊能忠敬・日本を歩こう21世紀への100万人ウォーク)開催に向けてゲーム万歩計
「平成の伊能忠敬 GK-500」を発売

※歩くことで日本地図を完成させていくというゲームを楽しみながらウォーキングを楽しめる人気の万歩計でした。
2011年に3D加速度センサーを搭載し、ゲーム内容と機能を刷新して完全リニューアルの復刻版を発売しました。
2001年
(平成13年)
【万歩計】 HK-500業界初のウォッチタイプ万歩計
HK-500シリーズを発売

※「万歩計が変わる。腰から腕へ」のスローガンを掲げて発売した商品でした。


2006年
(平成18年)
【万歩計】 パワーウォーカー PW-9003方向加速度センサーを搭載したポケットやバッグの中で計測できる万歩計
「ポケット万歩 パワーウォーカー
PW-900」を発売

2009年
(平成21年)
【万歩計】 パワーウォーカーEX EX-700厚生労働省が示した「健康づくりのための運動指針」の基準値メッツ、エクササイズを計測する
「ポケット万歩 パワーウォーカーEX EX-700」を発売
2011年
(平成23年)
【活動量計】MY CALORY(マイ カロリー) MC-500活動カロリーと安静時や睡眠時の基礎代謝を測定して、総消費カロリーを表示する活動量計
「MY CALORY MC-500」を発売

今後も皆様の健康管理に役立ち愛され続ける万歩計®を開発し、販売して参ります。


【他にもこんな万歩計®を発売してきました】
万歩計


徳間書店 男の時代に流されない不変の「本物」厳選に弊社万歩計が掲載

このページのトップに戻る

万歩計®の山佐(ヤマサ YAMASA)のトップページに戻る